弁護士取り組む内縁関係の相続に関する問題とは

相続問題とはこのところよく聞く話ですが、最近よく耳にするのは内縁関係の遺産問題についてです。

内縁関係とは、結婚していないが同棲をしているなどの男女間の事であり、子供もいるケースが多くあります。一般にいう愛人関係とも言われ、世間一般的にはあまり良くないイメージがあります。


そのためか配偶者には当然認められる権利が認められず悔しい思いをしてきている内縁関係者が多いのです。

例を挙げると、ある男性は結婚して妻と子供がいるが別居生活が長く、事実上破綻した結婚生活を送っています。
彼の心のよりどころは愛人Aさんであり、彼女との間に子供ももうけ三人でずっと暮らしてきました。実上結婚生活をしてるのに、旦那さんが亡くなった後の遺産相続としてはAさんは一円も貰うことが出来ず、破綻している妻へ遺産が渡るのです。

相続の相談依頼の有益性の紹介です。

日本の税制制度は内縁関係者には大変厳しく、遺産問題だけでなく配偶者控除なども一切内縁者には与えられません。この法律が出来たのは明治時代であり、あまりにも古い考えが根付いていると内縁者が声をあげ始めました。

教えてgooに関連した書きかけ項目です。

実際相続に関わる弁護士も内縁者からの依頼というものを多く受け、最近では最高裁判所が弁護士の訴えを聞き入れ、内縁関係の子供にも遺産を相続できると判断した事例があります。



もちろんこの判断には賛否両論があり、弁護士の中でも考えは分かれるといいます。

しかし社会の変化は著しく、明治時代と違い内縁関の男女が多く存在する現代、その変化に合わせ判断したのは妥当だという声が多いのです。