• 睡眠と美容に深い関係がある自律神経について

    • 睡眠と美容の間には深い関係があります。これは人間の体は、睡眠中にダメージを補修したり、美容と関係がある成長ホルモン、性ホルモンの分泌が盛んになるためです。

      睡眠と美容はとても人気があり、興味深いです。

      そのため毎日、ある程度、まとまった時間、眠ること、そして質の良い眠りをとることが、心身のコンディションを保つためには必要です。一方で睡眠と美容には、自律神経と言う神経が深く関係しています。

      自律神経の働きが乱れると、この両方に大きな影響が出てくる可能性があると言うことです。自律神経は、人間の意思が及ばない部分の体の働きを調節している神経のことで、交感神経と副交感神経のふたつから成立しています。
      血流や発汗、臓器の働きなどがその一例としては挙げられます。人間が夜になると眠くなり、朝になると眠りから覚醒すると言うのも、周囲の明暗に応じて分泌されるホルモンにより、交感神経と副交感神経の切り替えが自然に行われるためです。


      よって自律神経が乱れると、夜になっても眠くならない、朝になっても目が覚めないと言うような、睡眠に対する支障が発生しやすくなります。すると自律神経はますます乱れたままですから、結果として美容面においても、肌が乾燥しやすくなるとか、髪が抜けやすくなるなどのトラブルが出やすくなると言えます。

      ですから睡眠と美容、両方を良い状態に保つためには、自律神経の乱れに気をつけることが求められます。

      夜は決まった時間に床に入るようにし、またできるだけ、強い光や刺激を避けることが効果的です。

      多角的な視点からgoo ニュース情報を豊富に提供しています。

      心身をリラックスさせることが必要と言うことです。



      また日々の生活においては、強いストレスとは距離を置き、適度な運動をすることが、自律神経の状態を保つことにつながります。


  • 専門知識

  • 初心者向き美容

  • 美容の情報まとめ・納得の情報